新型コロナウイルス感染症をきっかけとして差別や誹謗中傷が生まれ、苦しんでいる人がいます。
長野県民一人ひとりが「思いやり」の心を持ち「支えあい」の輪を広げ、みんなで乗り越えていきましょう。

やってみる やってみる

よく行く飲食店が、臨時休業になっていた。
お店で感染者が出たっていう噂もある。

NEXT NEXT

遠方の友人が長野に来るとの連絡があった。
久しぶりに会いたいけど、友人が住む県は、感染者数がかなり多い。

NEXT NEXT

今日、県内で過去最多の
新規感染者数が確認された。

解説を読む
↓ 解説を読む
POINT解説 なぜコロナから差別が生まれるの? なぜコロナから差別が生まれるの?
◆ 新しい病気は、不安や恐れを生み、不安が差別を生み、差別が更に病気を広げる“負のスパイラル”を生み出します。その差別は、“レッテル思考”や“ゼロリスク思考”で増長していきます。

0 0 0

動画で学んでみよう! 動画で学んでみよう!

◆「不安」や「恐れ」は誰もが持つ感情

新型コロナウイルスをめぐる差別や誹謗中傷は、「不安」や「恐れ」がその原因です。多数の感染者が発生し、治療や対策が確立されていないことや、これまでとは大きく異なる生活をしなければならないこと、そしてウイルスそのもの目に見えないことなどから、誰もが心の中に「不安」や「恐れ」を抱いているはずです。

◆ レッテル思考とは

ウイルスの姿を目で見ることはできません。そのため、本能的にウイルスに関係しそうな人、職種、組織などを”まとめて”遠ざけようとします。これを「レッテル思考」といい、一度「レッテル思考」になってしまうと、相手の事情や人間性などの側面が見えなくなり、その対象を過度に攻撃してしまうことがあります。事実を見つめ、落ち着いて判断することが大切です。

◆ ゼロリスク思考とは

「感染リスクに絶対近づかない、近づけない」という「ゼロリスク思考」は、差別や誹謗中傷を強める一因となります。「絶対に感染者を出してはならない」という雰囲気が「感染者=悪者」という誤ったイメージを作り出してしまうのです。リスクを完全にゼロにすることはできない、感染は誰にでも起きうることで、感染=悪ではないと認識することが大切です。

CASE04へ
CASE04へ

自分の住んでいる地域や身近な人にも感染した人がいる。感染症への対策はもちろんだけど、ほかに自分には何ができるだろう?


解説を読む
POINT解説 コロナの時代を生きるために コロナの時代を生きるために

新型コロナウイルスとの付き合いは長期的になることが予想されます。だからこそ、自分がもし感染しても差別や誹謗中傷されることなく、安心して過ごせる環境づくりをしていきたいですよね。

そのためにも次のことを考えてみてください。

①「新型コロナウイルス=やっかいだけど工夫して共に過ごしていくもの」「感染=いつどこで発生してもおかしくないもの」という認識を持つ

② 万が一、実際に感染が起きてしまったときの自分たちの態度や行動について考える(例:「たとえ身近な会社や学校から感染者が出たとしても絶対に責めない」)

今、コロナの時代を生きるために必要なのは、思いやりと支えあい、心と心のつながりです。小さなことで大丈夫。できることから始めてみましょう。

おさらいする
おさらいする

おさらい おさらい

お疲れさまでした。設問は以上です。

ハートのボタンを押して、
思いやりと支えあいの気持ちを広げよう!

ココロのワクチン接種完了

アルクマスタンプ風画像をGET!

たくさんのご参加ありがとうございます!
みなさんのハートをシェアして
ココロのあかりの輪を広げましょう

その他のコンテンツ
  • あかりをともそう応援隊メッセージ
  • 事業者の皆様へのお願い
  • シトラスリボンプロジェクト
  • 壁紙ダウンロード